Back to Home
オーダーメイド 漢方薬 の キクイチ薬局
はり きゅう 鍼灸 未妊治療 不妊治療 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
東洋医学 漢方薬 はり きゅう 鍼灸 の キクイチ薬局 & 菊一堂鍼灸院

 

 東洋医学的な言い方をすると、こどものかたまり。
 つまり、元気のかたまりでできています。

 これを病気に当てはめて言い換えると、
 病気をするときも、元気!ということです。

 たとえば、熱が出たかと思うと、いっきに高熱になり、
 翌朝にはスッキリ、何もなかったような顔をしている。
 そんなふうに病気の症状にすら、元気があります。


 また、ちょっとした環境の変化にも強く影響を受けます。

 大人のように環境の変化に対するたくさんの経験がないし、
 身体をコントロールしようにも、陽的な部分がほとんどで、
 身体をコントロールしにくい部分もあります。

 このように、
 こどもは大人のミニュチュアではありません

 こどもにはこどもの身体のメカニズムがあり、
 大人のミニュチュアとして治療をしても、
 同じようには良くなってはくれないのものです。

 

 しかし、先ほど言ったように、こども元気のかたまり。

 こどもの身体のメカニズムをよく理解し、子供に合わせた
 治療をしていけば、その快復力は大人の比ではありません。

 まるでウソでもついていたかのように、あっという間に
 元気になってしまいます。

 

 

 なお、小児はりでは大人に使うような先が鋭利にとがった
 鍼を使うことはありません

 大人では細い鍼先でツボを的確に刺激しなければ、なかなか
 効果は得られないのですが、こどもは大人ほどツボも発達
 していません。
 むしろ、肌全体がツボと言っていいくらいです。

 鉛筆をちょっと細くしたような細長い棒で肌を優しくなでて
 いくだけ。

 この細長い棒で肌を優しくなでながら、肌から発せられて
 いる微妙なシグナル(情報)を的確に読み取りながら、
 治療の加減をしていきます。

 肌を刺激してあげることで、血流が良くなり、ゆったりとリラックスしてきます。
 リラックスすれば自律神経のバランスが取れ、あとは自然と自分自身で体調を整えていきます。
 それだけこどもには治る力が備わっているとも言えます。

 こども特有の奇声を発したり、噛み付く、機嫌が悪い、夜泣き、乳吐き、食欲不振といった
 いわゆるかんむし症状、中耳炎や喘息、アトピー性皮膚炎などの慢性疾患全般にも有効です。

 通っていただく頻度としては、個人差はありますが、だいたい3日続けて治療を行うと効果が出てきます。
 症状が落ち着いても、1〜2ヶ月くらいすると成長にともなって、再びかんむし症状が出てくるものです。
 1、2ヶ月に1度、3日続けての治療を繰り返していくことで、心豊かで健康に成長していきます。

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー