Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

医食同源

 

 

 医食同源。

 この言葉、 中国のことわざだと思ってらっしゃるかもしれませんが、

 実は日本で作られた造語。

 

 中国では

 『医食同源』とは言わず、『薬食同源』と言い、

 その言葉をモジって日本で造られたんだそうです。

 

 

 

 さて、『医食同源』の意味は

 みなさんご想像の通り、

 日ごろの食事は医療、健康につながる。

 そんな意味合いです。

 

 最近では、

 医食同源のコーチ資格みたいなのもあるそうで、

 世の欲求が高まっていることを示すと同時に

 それだけ日ごろの食が乱れているという実感を

 みんな持っているということを表しているのでしょうか。

 

 『身体に良いことを』と一生懸命に勉強して、

 医食同源を実践するのも良いことですが、

 特別な技術や知識が必要とされるような医食同源では

 なかなか実践できません。

 

 続かなければ、それこそ意味がない。

 

 

 

 そういう想いで私がオススメする『医食同源』ってのは、

 非常にシンプル。

 ちょっと気を使えば、すぐに実践できると思います。

 

 それは、

 ●旬のものを美味しくいただく

 ●地産・地消

 この2つだけです。

 

 旬のものにはその季節に必要な栄養素が

 存分に含まれています。

 

 最近ではモノの旬が分かりにくくなっていますが、

 やはり旬には一年の中でいちばん栄養素を含んでいますし、

 なによりたくさん獲れるので、値段も安い。

 

 

 

 地産・地消も地域経済のために言っているのではありません。

 

 その土地で獲れるモノには、

 その土地に住む人にとっては

 必要な栄養をたっぷり含んでいます。

 

 たとえば、

 日本人が日本で欧米のような食事を食べ続けていると、

 遠くない未来に体調を崩しやすくなります。

 

 日本人には和食がよく似合っていて、

 和食には地域で採れる作物がよく似合うモノです。

 

 また、生産地域と消費地域が近いということは

 それだけ新鮮なモノをいただけるし、

 運ぶ手間が省ける分、値段も安いし、自然にかける負担も少ない。

 

 

 

 この二つを心掛けて、

 全体のバランスを考えながら食べていれば、

 食事で身体を壊すことは少ないでしょうし、

 健康を保つことができると思います。

 

 あなたの身体を創っているのは

 食事しかありません。

 

 食事をおろそかにしていると、

 身体を壊し、体調を崩します。

 病気の直接的な原因になることも多々あります。

 

 何も豪華で特別な食事を食べる必要はありません。

 質素でもバランスの取れた

 身体にとっておいしい食事を心掛けてみてください。

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー