Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

冷えと熱

 

 

 東洋医学 では病を説明するとき、

 すべて 冷え で説明できます。

 

 いきものは物を食べ、

 それを消化、吸収して

 腹で を作ることで身体は動き、機能しています。

 

 この熱は身体全体にめぐるので、

 身体のいたるところは

 ある程度、温かいのが普通です。

 

 この熱がめぐらないところは 冷えてきます。

 

 たとえは悪いですが、

 いきものが死んだとき冷たいですよね。

 あの感じが冷えの極限の状態です。

 

 

 もちろん、身体の部分、部分で

 もともと温かめのところと

 冷ためのところとはあります。

 

 簡単に説明すれば、

 熱というのは上に昇り、

 内側から外側に出ていきたがる性質がありますから、

 身体の下の方は上に比べれば冷たく、

 身体の上の方、

 とくに頭はいちばん熱が多いものです。

 

 

 このバランスが崩れると、病気の素になります。

 

 温かいはずのお腹が冷えると、

 腹痛を起こしたり、下痢をしてみたり、

 ある程度冷たいはずの下腹部に熱がこもると、

 便秘になったり、熱のための腹痛が起こったりします。

 

 こういうアンバランスを調整して、

 温かいところは温かく、

 冷えているところは冷たく、

 そういう状態に整えるのが、ハリ・きゅうの真骨頂。

 

 カゼなどのような急性の病気も

 高血圧などの慢性的な病気も

 結局は 冷え のアンバランスで起こっているのです。

 

 

 冷え のバランスを

 常にいい状態に保つには

 ハリやきゅうで治療するのもいいのですが、

 まずは、アンバランスを作らないこと。

 

 そのためには食事に気を付け、

 運動などで身体のめぐりを良くすること。

 

 とくに現代では、

 冷蔵庫やクーラーなどがどの過程にも普及しており、

 身体が冷える傾向にあります。

 

 冷たい物を控え、身体を冷やすことを

 つつしむように気を付けてください。

 

 

 それでも、やはり病気をすることはありますが、

 身体に慢性的な冷えがある状態のヒトと

 それほど冷えのないヒトとでは、

 病気の治りが違います。

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー