Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

だるいのには理由がある

 

 

 ぼちぼちイヤな季節が来ますね。

 ムシムシして身体中がベタベタする季節。

 そう、梅雨

 

 

 だるい、しんどい、朝起きにくい、一日中眠い・・・

 

 その他にも、

 頭痛、下痢、身体のむくみ、足の冷え。

 なんだかやる気が起きないなどなど。

 

 

 五月は天候も安定していて、

 非常に快適だったのに。。。

 

 

 

 これには理由があります。

 薄々、お気付きだと思いますけど、

 梅雨の 湿気 のせい。

 

 日本の梅雨は高音多湿で

 身体に余分な水分が溜まって しまって、

 身体が重い感じになったり、だるくなったり。

 

 身体に水があふれているので、冷えやすくもなります。

 

 

 

 反対に、

 この水が身体の中からの熱の発散を邪魔する ので、

 この季節にしては

 異常に暑がったりする方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 胃腸に水が溜まると、

 身体の根本となるエネルギーを作る

 胃腸の動きがどうしても鈍くなります

 

 エネルギーをしっかり作れないと、

 身体をめぐらせる元気もなくなるので、

 だるさが出てきたり、水のせいで頭痛がしたり。

 身体がむくむのも、下痢するのも水のせいです。

 

 

 

 はり・きゅうの治療では

 身体を温めて胃腸や腎臓の働きを良くして

 余分な水気を身体の外に排出させる ようにします。

 

 オシッコが増えて、食欲も出てきて、

 身体が軽くなってきます。

 

 乾きのわるい洗濯物を乾燥機にかけたみたいに

 カラッと乾いたようにさせる訳です。

 

 

 

 漢方薬では

 胃腸に溜まった水を血液に戻してやり

 オシッコで排出するようにうながします

 

 

 身体の水分が抜けてくると、

 身体の軽さももちろんですが、

 頭がなんとなく重たかったのも軽くなるし、

 やる気も出てきます。

 

 

 

 

 また、この時期は

 蒸し暑いとは思いますが、

 冷たい飲み物、食べ物はまだガマン してください。

 

 また、天気のいい日は

 軽く運動をして汗をかく ことで、

 胃腸に溜まった水分を汗出だすのも有効です。

 

 

 

 梅雨はまだこれからですが、

 今のうちから養生していくことが

 梅雨を元気に過ごして、夏につなげていくには重要です!

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー