Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

春こそ睡眠が大切

 

 

 東洋医学では

 春は 肝の臓 がよく働く季節と考えています。

 

 肝の臓には

 『発生』するという働きがあって、

 冬の冬眠状態から目覚める力になるんですね。

 

 

 ちなみに

 冬によく働く臓は 腎の臓 で、

 『ジッと守り固める』ような働きがあります。

 

 

 

 春になって肝の臓がよく働くということは

 裏を返せば、

 肝の臓は過労気味で 疲れやすい ということになります。

 

 だからこそ、

 春には肝の臓をいたわってあげないとイケません。

 

 

 

 

 では、

 肝の臓をいたわるには???

 

 よく寝る ことです。

 

 

 

 肝の臓は血を主る器官でもあって、

 肝に蓄えられた血を全身にめぐらせることで

 冬眠状態から目を覚まさせて、身体に活力をめぐらせるんです。

 

 この血は

 寝ている時には全身から肝に戻ってくる。

 

 

 これがしっかりできないと

 全身の疲れも残りますし、

 翌日、元気に血をめぐらせることもできない。

 

 すると、

 春の陽気に誘われた身体は空回りして

 肝はますます疲れていく。

 

 まさに悪循環です。

 

 

 

 

 ただし、

 春は自然の陽気に誘われて

 夜中でも血が全身をめぐりやすくなっている。

 

 気が立って、

 眠りにくい季節でもあるんです。

 

 

 だからこそ、

 気を付けないといけません。

 

 

 

 ぬるいお湯になるべくゆっくり浸かって

 身体の芯から体温を上げてあげる

 

 それから2〜4時間もすれば、

 体温が徐々に下がってきます。

 

 

 この体温が下がるとき、

 ヒトは眠気に誘われます。

 

 このタイミングで眠りに着けば、

 ゆったりとグッスリと眠りに入れます。

 

 

 

 

 また、

 夜中に豆電球でもちょっとした明かりを点けておくと

 本人は気にならなくても身体は反応してしまい、

 眠りが浅くなってしまいます。

 

 できれば、

 豆電球も消して、部屋は暗くした方がいいですね。

 

 

 

 

 他にも、

 良い睡眠を取るためには

 いろいろとコツがありますが、

 

 何よりも大切なのは

 十分な睡眠時間を確保 すること。

 

 

 意味もなくテレビを見たり、

 携帯電話をいじったりすることなく、

 ゆっくり、グッスリ寝られるように準備をしてみてください。

 

 

 

 これが 春の養生 につながります。

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー