Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

ギックリ腰・・・

 

 

『あっ・・・

 やっちゃった・・・』

 

 ご経験のある方には

 あの瞬間を思い出させてしまったかもしれませんね・・・

 

 

 私も昔から

 何度かギックリ腰を経験していて

 

 ある意味、

 ギックリ腰のベテランかもしれません。。。

 

 

 とは言え、

 なったのはハリやおきゅうを学ぶ前で、

 学んでからはセルフ・ケアで

 腰痛が出ることはほとんどなくなりましたが。

 

 

 

 秋は

 朝晩と昼間の寒暖の差が大きいので、

 

 急に立ち上がったときや

 重い荷物を持ち上げたとき、

 くしゃみをしたときなどに

 腰の筋肉が引きつって

 動けないほどの痛みが出ることがあります。

 

 

 このとき、

 まずご自分でできることは

 何もしないこと です。

 

 ギックリ腰は

 何もせずに1週間くらい寝ていれば

 勝手にほぐれて良くなるとも言われています。

 

 

 実際問題、

 1週間も寝ている訳にはいきませんが、

 

 ゼッタイにしてはいけいことは

 痛い所をもんだり、叩いたりすること です。

 

 

 痛いと

 どうしても患部を触りたくなるものですが、

 素人がやると

 まず、悪化します。

 

 

 プロの我々でも

 痛めてすぐに痛い所はほとんど触りません。

 

 足など遠くからほぐしていくものです。

 

 

 

 また、

 アルコールやお風呂を控えて 下さい。

 

 温めると一時的には楽になりますが、

 温まった後、患部が汗をかいて

 反って冷えてしまうので、

 後で痛みがひどくなりやすいのです。

 

 

 

 どうしても痛むときには

 痛み止めを飲んでもかまいませんが、

 

 痛み止めは

 痛みをごまかしているだけです。

 

 

 痛みが楽になったからといって

 それで動いたりすると必ず悪化しますから

 早めにご相談いただけると、早く良くできます。

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー