Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

『治る』とは・・・

 

 

 はり・きゅう屋さんには

 『痛み』という辛さを抱えた方が

 たくさんいらっしゃいます。

 

 

 『痛い』ってけっこうしんどいもので、

 下手すると、気分が滅入ることもありますよね。

 

 

 とくに、

 慢性病みたいになって

 『痛み』が長期間続くと、

 

 『いつになったら治るのか?』

 『いつか楽になるんだろうか?』

 『どんどんひどくなってくのかな?』

 『このまま治らないかもしれない・・・』

 『もしかしたら手術をしないとイケないのか?』

 

 そんな心配や不安が入り混じり、

 悶々とした日々を過ごすことになるようです。

 

 

 

 膝や肩の痛みに腰の痛みなどの

 整形外科的な疾患はもちろん、

 

 頭痛や腹痛などの

 内科的な疾患の『痛み』でもいらっしゃいます。

 

 

 はり・きゅう屋さんが

 『痛み』を取るのが得意だということを

 すでにご存じの一部の方は別として、

 

 一般的には

 病院で痛み止めをもらったり、

 電気を当ててみたりしたけど、

 なかなか良くならなかった方が

 業を煮やしていらっしゃることが多いですね。

 

 

 

 ですが、

 東洋医学的に『痛み』を診ていくと、

 さまざまな理由があり、

 

 整形外科的な『痛み』ですら、

『痛む』その場所だけの問題でない ことが多いのです。

 

 

 そうなってくると、

 身体の根本の部分から整えなければ

 痛みは改善されてきませんし、

 

 たとえ

『痛み』がなくなった からと言って、

『治った』のとは違う 訳です。

 

 

 

 ですが、

 人間ってそういうもんなんでしょうね。

 

『のど元過ぎれば・・・』の言葉通り、

 『痛み』が楽になると、

 パタッと来られなくなることがあります。

 

 

 気持ちは分かりますけどね。。。

 

 

 

 そうして、

 程なくしてまた『痛み』出す。

 

 だって、

 『治って』なかったんだから

 それは致し方ない話です。

 

 

 

 

 『痛み』を取るだけの治療が

 巷では流行っています。

 

 流行っているというよりは

 ロクに勉強してないはり・きゅう屋さんは

 それしかできないんです。

 

 

 また、そこに需要があって

 とりあえず『痛み』を取ってくれれば・・・

 というニーズが存在するから

 そういうはり・きゅう屋さんが生きていける訳ですがね。

 

 

 

 さらに、

『楽になったのと

 治ったのは違う』ということを

 

 ハッキリ言ってこなかった

 我々、治療家に問題がある のです。

 

 

 本当は

 症状がひとつくらい取れたからといって

 患者さんに一喜一憂させてはイケないし、

 我々も嬉しがってるようじゃイケないんです。

 

 

 そこら辺は

 治療家がしっかり信念を持って

 伝え続けなければならないんですよね。

 

 

 一生懸命、努力していきます。

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー