Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

期待がプレッシャーに・・・

 

 

 不妊治療だけではなく

 様々な疾患にも共通することなんですが、

 

 過度の期待がプレッシャーになることが

 けっこうあります。

 

 

 そうして、

 そのプレッシャーに押し潰されそうになって

 負のスパイラルに巻き込まれることって

 よくある話なんです。

 

 病気とは関係ないところで

 みなさんもご経験があるかもしれませんよね。

 

 

 では、

 そういうときにどうすればいいのか?

 

 

 不妊治療は

 治療途中でも様々な不安や悩みを抱えがちです。

 

 時として

 親御さんや友人からの

 『子どもはどうなの?』なんていう

 

 聞いている側からしてみれば、

 何の悪気もない言葉掛けひとつが

 ご本人には相当なプレッシャーになることもある。

 

 それがいら立ちに繋がったり、

 東洋医学的に言う気滞を招いてしまって

 治療がうまくいかなくなるということもあります。

 

 

 気滞とは

 字の如く、『気が滞る』ことなんですが、

 

 気滞が起こると

 子宮へのめぐりも悪くなり

 治療が滞ることも多いのです。

 

 まさに

 期待気滞 を招く訳です。

 

 

 

 巧いこと言ってる場合じゃありません。

 

 こういうとき、

 あなたの中では何が起こっているのか?

 

 

 焦れば焦るほど、

 問題と自己が一体化してしまって

 自分自身が問題に巻き込まれた状態になっています。

 

 そうして

 冷静な判断が下せなくなっているのです。

 

 

 

 大切なのは

 問題と上手に距離を取ること。

 

 周りからの声は

 『とりあえず気にせず、

  今やるべきことをとりあえずやってみる』

 などといった感じで、

 

 問題の渦から

 自己を切り離して

 客観的に問題を眺めるようにする ことです。

 

 

 口で言うのは簡単で

 実践しようとするとなかなか難しいものです。

 

 そのために

 我々、治療家がいる訳です。

 

 我々は常にあなたの側に立つ人間です。

 

 あなたの想いを伝えてください。

 苦しみや悲しみ、いら立ちなんでも構いません。

 

 それを吐き出すことで

 事態が好転することも多々あります。

 

 いっしょに目の前の問題に立ち向かいましょう。

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー