Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

夏バテを防ごう!

 

 

 梅雨が明けても

 まだまだ蒸し暑いですね。

 

 そして、

 これからが熱さも本番。

 

 思いやられてる方も

 多いかもしれません。。。

 

 

 梅雨明けからしばらくの間は

 身体が暑さにも慣れてないし、

 いっきに暑くなってくるので、

 この時期は 熱中症 に要注意ですよね。

 

 熱中症や夏バテを予防するには

 何が大切だと思いますか?

 

 

 もちろん、

 上手に涼を取って

 熱さにやられないこともありますが、

 

 まずは

 基礎体力

 

 

 そのためにも

 しっかり食べて

 日々、疲れを溜めない ことが大切になってきます。

 

 

 そうは言っても

 これだけ暑いと食欲もなかなか・・・で

 

 ついつい喉ごしの良いものばかり

 食べてしまっていては体力は持ちません・・・

 

 

 なぜなら、

 喉ごしが良いものというのは

 あまり嚙まない傾向が強い。

 

 ツルツルッと

 嚙まずに飲み込むように

 食べていたのではダメなのです。

 

 

 しっかり 噛む ことで

 胃腸のスイッチが入って

 しっかり消化してくれて

 吸収力も上がるからです。

 

 

 

 さらに、

 夏には 色鮮やかな食材 が豊富にあります。

 

 オクラやピーマン、

 キュウリなどの鮮やかな 緑。

 

 トマトやパプリカなどの 赤。

 

 とうもろこしやカボチャの 黄。

 

 なすの 紫。

 

 

 同じ緑でも

 オクラやピーマン、キュウリの緑は

 どれも同じじゃない。

 

 夏には

 色とりどりの食材で

 食卓を飾れるのです。

 

 

 冬にはこうはいかない。

 

 彩りが鮮やかな料理が

 食卓に並ぶだけでも楽しいでしょ?

 

 それだけ

 食欲も湧いてきます。

 

 

 また、

 この彩りの豊富さは

 栄養の種類も豊富だと言うことの証です。

 

 

 夏野菜は

 身体の熱を冷ましてくれます。

 

 冬場に

 せっせと食べるものではありませんが、

 

 夏場には夏野菜をしっかり食べて

 身体を冷ましながら、

 汗で流れ出ていく栄養分を

 しっかり補うようにしましょう。

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー