Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

二人目不妊

 

 

 最近は

 二人目不妊 でお悩みの方も

 すごく多くなっているそうです。

 

 以前なら、

 『ひとり産んで道が付いているから

  二人目はすぐよ』

 なんて言われていましたが、

 

 最近では

 そうでもないのです。

 

 

 その原因を

 科学的にどうのこうのと言われても

 詳しいことは分かりませんが、

 

 東洋医学的 にみてみれば、

 産後の養生が悪い から

 っていうことが多いんです。

 

 

 

 というのは、

 妊娠・出産っていうのは

 言うまでもなく、

 一世一代の大仕事 です。

 

 

 十月十日、

 お腹に赤ちゃんを身ごもって

 

 お母さんの身体を削りながら

 大切に、大切に

 赤ちゃんを育てていくのです。

 

 

 それだけでも

 お母さんの身体は

 血不足 になりやすいのに、

 

 出産時には

 また、命をかけて産み落とすのです。

 

 

 ここでも

 たくさんの 消耗する 訳です。

 

 

 

 それで終わりかと言えば、

 そこから育児が始まる訳で、

 朝も晩もない生活が始まります。

 

 ゆっくり、たっぷり

 休むことなんてできない訳ですよね。

 

 

 

 それでも

 たいがいのお母さんは

 それをやってのける。

 

 母というものは

 なんともたくましいものです。

 

 

 

 ちなみに

 東洋医学的に言えば、

 

 おっぱいを作るのにも

 大量の血を使っている訳で、

 

 お母さんの身体の中では

 血がスッカラカン になっている状態です。

 

 

 

 そんなですから、

 産後のお母さんは

 ひと月くらい、育児だけに専念して

 育児以外はなるべくゆっくりすべき なのですが・・・

 

 

 核家族化が進んで

 周りに助けてくれる人がいなかったり、

 

 里帰り出産をしてみても

 親に面倒を見てもらってる間に

 地元の友達とランチに出かけてみたり・・・

 

 

 ランチに出かけることが

 悪いとは言いませんし、

 気分転換にいいのかもしれませんが、

 

 それも続くと

 それでは身体は休まってない訳です。

 

 

 産後のボロボロの身体を

 ひこずって遊びに出かけていたのでは

 

 むしろ、

 血や気の消耗を促進しているようなものです。

 

 

 

 それと、

 目を使う ことも

 大量の血を消耗してしまいます。

 

 

 何が言いたいか? と言うと、

 産後はなるべくスマホやネット、テレビなどで

 目を疲れさせない方が良いのです。

 

 とくに画面の小さい

 スマホなんていうのは

 血の消耗が激しいです。

 

 

 

 こんなふうに

 最近の産後のお母さんは

 産後の養生が悪い ことが多いのです。

 

 それで

 血を消耗したままで

 二人目を希望してみても

 

 血がスッカラカンで

 固い子宮のベッドには

 次の赤ちゃんも寝たくはありませんよね。

 

 

 

 ヘタをすれば、

 瘀血(おけつ)という状態を作ってしまい、

 

 血の不足以上に

 妊娠しにくい身体になってしまうこともあります。

 

 

 

 ですから、

 産後、ひと月くらいは

 育児だけに専念して

 それ以外はなるべくゆっくりして 

 身体を養ってあげてください

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー