Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

この時期こそ、ご注意を!

 

 

 もう梅雨は明けるかな???

 もう少しかかるかな???

 

 どちらにせよ

 もう夏はすぐそこまで来ています。

 

 

 ご存知かと思いますが、

 熱中症 というのは真夏の時期より

 夏に向けたこの時期、

 

 とくに

 梅雨の晴れ間

 梅雨明けのこの頃

 いちばん多く発生するものです。

 

 

 

 この時期は

 身体が まだ暑さに慣れていなかったり

 

 蒸し暑さ

 気温差が大きい ことが

 その原因と言われています。

 

 

 

 その暑さを避けるために

 冷房を上手に使うこともひとつの手ですが、

 

 夜中も

 冷房や扇風機をつけっぱなしにしていると

 身体がだるくなったりしたことがあると思います。

 

 

 これは

 身体の表面から熱を奪うため

 身体がだるくなってしまうのですが、

 

 同時に

 体力も奪ってしまいます。。。

 

 

 

 体力が落ちれば、

 当然、気温の変化にも付いて行きにくくなり、

 熱中症の危険性はさらに高まります。

 

 

 

 

 では、

 どう過ごすのが良いのか???

 

 

 あまりの蒸し暑さは

 冷房などで上手に避けなければいけませんが、

 夜中もつけっぱなし というのはいただけません。

 

 

 また、

 冷たい食べ物や飲み物

 身体の中を冷やしてしまうのも

 

 かえって

 身体の中に熱をこもらせてしまい、

 余計に暑さを感じますし、

 

 上手に汗をかく邪魔をするので

 熱中症になりやすくなります。

 

 

 

 つまり、

 この時期こそ、

 汗をかく ようにして

 身体の中に熱をこもらせないように

 することが大切です。

 

 これくらいの暑さの時期であれば、

 夜中に寝汗をかくくらいでちょうどよいのです。

 

 

 

 また、

 軽く運動などをしてもらって

 汗をかける身体を創っていきましょう。

 

 

 真夏になってからでは

 運動の習慣がない方が急に運動するには

 つらくなってしまいます。

 

 

 

 熱中症のような症状が出た場合は

 東洋医学で対処するより

 西洋医学で応急処置をまずは受けてください。

 

 

 その後、

 身体のだるさが抜けなかったり、

 体力が戻らない時には、

 

 東洋医学

 お役に立てると思います。

 

 

 その時には

 お気軽にご相談ください。

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー