Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

痛み止め使い過ぎじゃない?

 

 

 

 カゼの頭痛に、偏頭痛、

 生理痛や生理に伴う頭痛など

 痛みって本当に不快なものですよね。。。

 

 ひどくなれば

 日常生活を送るのもおっくう・・・

 なんていう方も多いですよね。

 

 

 そんなとき

 強い味方が 痛み止め

 

 市販のモノから

 お医者さんでもらう処方薬まで

 いろんな種類、いろんな効き方の薬があります。

 

 

 

 でも・・・

 あまりに安易に 使い過ぎ じゃないですか???

 

 これって

 けっこう危ない! と思うんですよ。

 

 

 

 さきほども言いましたが、

 痛み止めには様々なタイプがあります。

 

 詳しくお話しすると

 ものすごく長くなるので

 割愛させていただきますが、

 

 胃を悪くする

 ものは多いですし、

 

 安易に痛みを止めてみても

 もとの原因は良くなってない・・・

 

 

 一時しのぎにはなっても

 また同じような痛みはいずれ出てきます・・・

 

 

 それで

 また鎮痛薬を飲んで一時をしのぎ、

 

 また痛くなって、また飲んで・・・

 の繰り返し。。。

 

 

 

 

 そのうち

 胃が荒れまくって胃も痛み、

 食べられなくなって元気がなくなる・・・

 

 

 一時しのぎを繰り返してる内に

 痛みのもとの原因は悪化していって

 

 痛みはひどくなるし

 薬も効かなくなってくる・・・

 

 

 

 痛みを軽く考えて

 安易に痛み止めに手を出す方も多いですが、

 けっこう 危ない! ですよ。

 

 

 

 日本では

 お医者さんからしかもらえない

 『麻薬系』の痛み止めってのもあります。

 

 

 痛みがひどくて

 市販の痛み止めでは効き目が出ない方が

 どうやってか入手して使う例があります。

 

 

 どうやって

 手に入れているのかは不明ですが、

 

 こんな時代ですから

 どうやったって

 手に入れることはできる訳です。

 

 

 『麻薬系』の痛み止めは

 相当、強烈に効いてくれますからね。

 

 一度、この味を知ったら

 止められなくなります。

 

 (痛み止め以外での作用でも余計に忘れられなくなるんです・・・)

 

 

 

 米国での話ですが、

 この薬で1日45人ほど死亡してるそうです。

 

 1年で

 45人×365日ですから

 ざっと16,000人以上が痛み止めで死んでいるんです・・・

 

 

 また、

 日本でもこの薬の飲み過ぎで

 亡くなっておられる方がいらっしゃいます。

 

 若者や常習者が

 安易に手を出して死んでいます。

 

 

 

 生理痛や頭痛で

 そんなモノを使う訳がない!

 とおっしゃるかもしれませんが、

 

 入り口は

 そういった症状からなんです。

 

 

 

 

 カゼで頭痛して・・・

 なんて時に一時的に使うならマダしも、

 

 毎月の生理痛や

 度重なる偏頭痛に悩んで

 常用されて らっしゃる方も多いでしょう。。。

 

 

 であるならば、

 痛みの原因を

 もとから断つ ようにしませんか?

 

 

 東洋医学 ではそれができます。

 

 

 

 女性の生理痛や

 それに伴う頭痛に偏頭痛。

 

 これらは

 (けつ)に関するモノがほとんど。

 

 

 血のめぐりを良くしたり、

 不足しがちな血を増やしていけば、

 

 痛み自体が軽くなってきますし、

 時間はかかりますがほとんどなくなります。

 

 

 

 痛みのもとを断てれば、

 危険な痛み止めを使わなくて済みます。

 

 

 その方が

 いろんな意味で体調も良くなるし、

 

 リスクを背負って

 生きていかなくてもよくなる。

 

 

 

 痛み止めすべてが

 悪者とは言いません。

 

 時には

 一時しのぎが必要な場合もある。

 

 ですが、

 漫然と安易に使い過ぎる のは危険です。

 

 

 痛みの軽減

 東洋医学 をお試しいただければと思います。

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー