Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

インフルエンザにご注意を!

 

 

 今年は早くから寒さも厳しかったんで、

 すでにインフルエンザも流行っておりますが、

 高熱が出て、身体の節々が痛くて、

 とにかくしんどいですからね。

 

 インフルエンザはもらいたくないものです。

 

 

 例年なら1月下旬頃に

 “インフルエンザ警報” なるものが発令されるんですが、

 この冬は寒さが厳しいので、

 下旬を待たずして、そろそろ発令されるでしょうね。

 

 

 ちなみに予防接種を受けておられる方もいらっしゃるでしょうが、

 予防接種 のワクチンというのは

 今年流行するだろうというウイルスのタイプをあらかじめ予想して、

 半年以上前には作り始めているんで、

 予想したタイプと実際に流行するタイプがガッチリ合わないと、

 インフルエンザにかかることはあります。

 

 だからと言って効果がまったく無い訳でもなく、

 重症化を回避してくれる場合が多い ので、

 予防接種がまったくムダと言うことではありません。

 

 とくに、

 抵抗力の弱いお子さんや高齢の方は

 毎年の予防接種も一つの選択肢としては考慮すべき選択肢です。

 

 

 

 とは言え、

 予防接種をしていようとしていまいと、

 インフルエンザにかかるヒトはかかるし、

 かからないヒトはかからない。

 

 これは、

 たまたまということではなく、

 抵抗力 やら 免疫力 の強い・弱いが関係しています。

 

 

 もちろん、もともとの能力の差もありますが、

 それよりも過労で疲れていたら抵抗力は落ちますし、

 もともとの能力としては高くなくても、

 日々万全の体調管理ができていれば、

 抵抗力を十分に発揮できます。

 

 

 

 あなたの持っている抵抗力を十二分に発揮するポイントは

 身体を冷やさない! ことと

 疲れを残さない! こと。

 

 冷たい食べ物、飲み物を減らして

 身体を温めるような食べ物腹八分で食べるようにしましょう

 

 また、無駄に時間を過ごさず、

 早めに布団に入って、ゆっくり、しっくり眠るようにしましょう

 

 

 

 また、

 安くて手軽でありながら、

 効果の高い予防方法が 手洗い・うがい

 

 ヒトとの接触があれば、

 その都度するくらいの気持ちで

 たくさんしてください。

 

 

 

 それでも不安な方は

 東洋医学 を利用して、

 体調管理をしていくのも手です。

 

 疲れを取ったり、冷えを取ったりすることで

 抵抗力を高めることができます。

 

 

 さらに、

 東洋医学はインフルエンザにかかってからでも

 西洋医学とは違う、強みを発揮します。

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー