Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

冷房病

 

 

 今年は梅雨入りも早かったですが、

 梅雨明けが例年よりも約2週間も早く、

 残暑も厳しいとの予報が出ています。

 

 また、

 我々が小さい頃(昭和年代)とは

 明らかに夏の暑さが違って、

 

 最近の夏では、

 冷房の使用もやむを得ないというか、

 使わなければ、

 生命の危険とも隣り合わせ。

 

 そんな厳しい暑さになっていますよね。

 

 

 

 暑さに負けると夏バテします。

 食欲が落ちたり、フラフラしたり。

 だるさや下痢をする人もいらっしゃいます。

 

 これはもともと胃腸が丈夫でない人が

 エアコンや扇風機で身体を冷やしてしまったり、

 冷たい物の摂り過ぎで

 胃腸が弱ってしまって 起こる症状。

 

 だるいなと感じたら、

 冷たい物を控えて、

 消化のよいものを摂るように してください。

 

 また、

 冷房で冷えを感じる方は

 シャワーで済ませることなく、

 湯船に浸かることをオススメします。

 

 

 

 反対に、

 胃腸が丈夫で元気な方は

 夏太りする人もいらっしゃいますが、

 これも冷房が原因。

 

 汗をかいて逃がすべき体温が

 冷房のために汗をかけなくなり

 身体の内側を温めるので食欲が落ちません。

 

 しかし、

 丈夫で元気だからと思い込んでいたら、

 突然にカゼをひいて熱が出たりします。

 

 

 

 はり・きゅう治療では

 このような症状に合わせて、

 体質や体調を併せて診ながら

 最適な治療をしていきますが、

 夏は汗をかく ことが養生の基本。

 

 たしかに冷房を使わなくては

 命が危険な場合もありますが、

 

 朝・晩の涼しい時間帯などに

 外を散歩するなどして、

 汗をかくようにしましょう

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー