Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

その腰痛は気のせいかもしれない

 

 

 鍼灸治療院には

 腰痛の患者さんがよくいらっしゃいます。

 

 そんな腰痛の患者さんの中で多いのが

 『病院に通っていたけどあまり良くならなかった・・・』

 という声。

 

 

 まず、

 病院でレントゲンやMRIを撮って

 骨とか神経に異常がないかを診てもらいますよね?

 

 その結果、

 『骨も神経も異常ないんで、

  とりあえず、電気を当ててリハビリをして・・・』

 こういう患者さんもけっこういらっしゃる。

 

 

 腰痛の中には

 がんやケガ、感染症など

 原因がハッキリしていて

 その原因を取り除けば

 スッキリ良くなる腰痛もありますが、

 

 原因がハッキリとせず、

 病院に通ってみてもなかなか良くならない。。。

 

 そういう腰痛もたくさんあるんです。

 

 

 

 それもそのハズ。

 

 日本整形外科学会と日本腰痛学会が

 新しい腰痛のガイドラインをまとめた中に

 腰痛の発症や慢性化には

 心理的なストレスが関与しており、

 腰痛のほとんどがこれである。

 と言い切っているんです。

 

 

 つまり、

 『腰痛のほとんどは気持ちの問題』

 とも言い換えられる。

 

 ちなみに、

 こういう腰痛のことを

 『非特異的腰痛』と呼ぶそうです。

 

 

 こういった非特異的腰痛には

 職場での人間関係や仕事量の多さ、

 仕事上の不満、うつ状態などの

 心理社会的要因が関与している強い証拠がある。

 とも書いてあります。

 

 そうして、

 ストレスを軽減するために

 モノの考え方を変える認知行動療法などの

 精神医学療法が有効である。

 と、結論づけているのです。

 

 

 

 東洋医学的にこういった腰痛を診た場合、

 その原因は確かにあります。

 

 簡単に言えば、

 何かしら大元の原因があって、

 そのために結果的に

 腰が冷えていたり、熱がこもっていたりする訳です。

 

 

 東洋医学で治療する場合、

 この ”何かしらの大元の原因”

 東洋医学的にハッキリさせて、

 この 大元の原因を治療しつつ

 併せて 腰に波及している

 冷えまたは熱を取り除いていきます

 

 

 そうすれば、

 腰痛は良くなります。

 

 

 

 そうして、

 このガイドラインにも書かれているんですが、

 ギックリ腰のような急性の腰痛を除けば、

 安静は必ずしも有効な方法でなく、

 できるだけ普段の動きを維持した方が

 早い改善につながる んです。

 

 『痛い、痛い』と言うばかりで、

 横になって寝ていてもなかなか良くなりませんよ。

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー