Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

秋の養生

 

 

 今年の夏は

 雨や曇りが多くて

 変な夏でしたねぇ・・・

 

 確かに暑かったけど、

 例年に比べれば、

 ずいぶん涼しかったんじゃないかな?

 

 

 とは言え、

 夏は夏ですからね。

 

 夏の間に身体の中に

 熱が溜まってる 訳です。

 

 

 それに秋は

 空気が乾燥してくるんで、

 

 カゼでもないのに咳や痰が出たり、

 皮膚がカサカサになって

 かゆくなったりもしますよね。

 

 実はこれも、

 空気の乾燥だけじゃなく、

 夏の間に溜まった熱も影響してるんです。

 

 

 夏が終わっても

 その余熱みたいなモノが残っていて、

 余熱で乾燥している身体が

 空気の乾燥にも攻められるという寸法。

 

 こうなってくると、

 自分自身の熱で粘膜などが

 多少なりとも壊されていく。

 

 

 

 粘膜ってのは大事なバリアで

 粘膜が正常ならバイ菌が攻めてきても

 粘膜がガードしてくれるんですが、

 

 バリアに穴があると、

 バリアの隙間からバイ菌に侵入されて、

 炎症が起こりやすくなってしまうんです。

 

 

 これが

 カゼでもないのに咳や痰が出たり、

 皮膚のかゆみや炎症の原因なんです。

 

 

 

 これを防ぐには

 身体に溜まった熱を抜いてあげる こと。

 

 

 そのために

 軽い運動でもして汗をかく

 汗といっしょに熱も抜けてくれます。

 

 これが

 『スポーツの秋』と言われる由縁なのです。

 

 

 さらに、

 身体の熱を冷ましてくれる

 冬瓜やナスなどの 夏野菜に火を通して食べる

 

 夏野菜を生のままで食べると、

 さすがにこの時期、身体が冷えてしまいますが、

 

 火を通して

 身体を冷やす作用を弱めてやって

 適度に冷ましてくれるようにするのです。

 

 

 

 軽い運動身体を冷ましてくれる食べ物

 

 この両輪で

 夏の間に溜まった余熱を

 上手に冷ましていくことで、

 

 季節の変わり目を上手に乗り切って

 楽しく、美味しい秋を満喫しましょう!

 

 

 それが、

 冬にカゼをひきにくい身体を作る第一歩になります。

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー