Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

身体を温める前に

 

 

 秋も進んできて、

 寒くなってきましたね。

 

 まだ冬という訳ではありませんが、

 時折、冬を感じることもあるくらいになってきました。

 

 

 

 それなのに・・・

 

 ファッションなんでしょうね。

 

 街で若い娘を見かけると、

 スカートを履いて素足を出している娘が

 けっこういますよね。

 

 

 寒いでしょうにねぇ・・・

 

『お洒落はやせ我慢』なんて

 聞いたこともありますが、もうそろそろねぇ・・・

 なんて感じます。

 

 

 

 冷たい外気にさらされると

 言うまでもなく脚が冷えてきます。

 

 脚が冷えると、

 腹巻きなどをしていても

 下腹部から腰へといったように

 だんだんと冷えが伝わっていきます。

 

 

 

 とくに、女性は

 子宮を含む下腹部を中心に

 血が集まって流れが良いのが良い

 

 東洋医学では 

 そういうふうに考えています。

 

 

 赤ちゃんを育む場所であり、

 温かく柔らかいベッドを育むことはもちろん、

 

 女性というのは

 下腹部に血流が集まっていないと

 イライラして精神的に不安定になったり、

 体調も崩しやすくなるのです。

 

 

 実際、

 女性は月経期間中に体調を崩しやすいもの。

 

 経験上、

 お分かりではないでしょうか?

 

 

 

 なのに、

 昨今のファッション・スタイルはこのありさま。

 

 

 これでは、

 下腹部が冷えて血流が悪くなり、

 

 生理痛や不妊症などの

 婦人科疾患を抱える女性が

 増えるのも仕方ないですよね。

 

 

 

 最近では、

 身体を温めると健康になる

 という健康法が流行っていますが、

 

 でも、その前に、

 身体を冷やさない ことが先じゃないでしょうかね?

 

 

 もちろん、

 この両輪が必要なんですが、

 

 まずは『冷やさないこと』。

 気を付けていただきたい話です。

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー