Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

母乳育児と歯の健康

 

 

 あなたは

 母乳 で育ててもらいましたか?

 

 これから赤ちゃんを望まれる方は

 母乳 で育てようと思っていますか???

 

 

 母乳育児

 さまざまな面でメリットがあることは

 言うまでもありません。

 

 ●赤ちゃんにとって

  いちばんの栄養バランス

 

 ●アレルギーになりにくい

 

 ●お母さんからの免疫が入っているので

  病気になりにくい

 

 ●母と子のスキンシップになる

 

 ●味覚のトレーニングになる

 

 ●コストがかからない

 

 ●いつでも、どこでも

 

 などなど、

 挙げればキリがありませんが、

 その他にも、

 

 ●母性を育みやすくなる

 

 ●産後の身体を癒す作用がある

 

 ●産後のダイエットにも効果的

 

 ●乳がんなどの

  婦人病のリスクを減らしてくれる

 

 などなど。

 

 

 

 もちろん、

 デメリットもあります。

 

 ●授乳間隔が短いと

  お母さんが疲れる

 

 ●飲んだ量が分からないので

  足りているかどうか不安になる

 

 ●おっぱいの出過ぎで

  トラブルになることも

 

 ●飲酒や喫煙ができない

 

 ●生活のリズムがつかみにくい

 

 などなど。

 

 

 

 そんな中で、

 こんなメリットもあります。

 

 乳児を母乳で育てると、

 後の噛み合わせの異常が低減する。

             小児科疾患産婦人科疾患より抜粋

 

 

 小児1,300人あまりを

 5年間追跡調査して、

 

 生後3ヶ月、1歳、2歳での

 母乳育児の状況を調べた結果だそうです。

 

 

 5歳になった時点での

 噛み合わせや歯やあごの位置異常を調べています。

 

 

 その結果、

 生後3〜6ヶ月 の間に

 母乳のみで育てられた子どもは

 

 そうでない子どもに比べ

 3分の1ほど 異常が少なく、

 

 6ヶ月以上

 母乳を飲んでいた子どもは

 44%ほど 低くなっていたそうです。

 

 

 ただし、

 おしゃぶりを使うと

 噛み合わせの異常がやや高くなっているそうです。

 

 

 

 これは

 母乳をすうことで

 口の筋肉や鼻呼吸などが

 鍛えられた結果なんじゃないでしょうかね。

 

 それが

 後の歯の成長に

 重要な役割を果たしているんじゃないかな。

 

 

 

 できることなら、

 母乳で育てて上げたい。

 

 そう願うお母さんは

 多いことでしょう。

 

 

 それでも

 トラブルやら分泌不足で

 あきらめられることも多い・・・

 

 

 

 東洋医学

 おっぱいのトラブル

 授乳分泌の不足 でもお役に立てます。

 

 

 それに

 母乳育児が寄りベターなことは

 多くのお母さんが理解しているでしょうが、

 

 それで

 追い詰められることはありません。

 

 

 

 できることなら

 母乳で育てて上げたい。

 

 そういう気持ちが大切であって、

 それがミルクにとって代わっても

 何の問題もありません。

 

 

 

 ただ、

 トラブルや不足で悩んでらっしゃるのなら

 お気軽にご相談ください。

 

 はりやおきゅうで

 そのトラブルを解決できるかもしれません。

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー