Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

いい湯だなぁ♪

 

 

 12月に入って

 ずいぶん寒くなってきましたね。

 

 

 こうなってくると

 とにかく 温かい ものが良くなってきますよね。

 

 

 鍋もそうですし、

 お酒も温かいものが良くなったり。

 

 こたつもいいですよねぇ。

 

 

 もうひとつ、

 忘れてはいけないのが 風呂

 

 

 

 

 ただ、

 風呂 には 危険 がいっぱいなんです。。。

 

 

 

 まず 寒暖差

 

 

 冷えた身体で風呂に入って

 風呂で温まるに連れて血管が緩む時に

 急激に 血圧が下がって

 

 脳に血液が送れなくなって

 湯船に浸かったままで 意識を失っちゃう・・・

 

 

 これで溺れるというケースが

 冬場にはけっこう起こるそうです。

 

 

 

 

 さらには、

 長風呂をして温まるのはいいんですが、

 

 思った以上に汗をかいていて

 一時的に ドロドロ血 になって

 脳梗塞心筋梗塞 を起こすこともある。。。

 

 

 

 

 また、

 脱衣所ってけっこう寒いですよね。。。

 

 

 お風呂で温まった後、

 お風呂から上がる時に一気に室温が下がると、

 

 脱衣所の 寒さ

 心臓がキュッ となることもあります。。。 

 

 

 

 

 

 こんなふうに

 冬の風呂場 には 危険 がいっぱいなんです。。。

 

 

 これらのほとんどの理由は

 部屋と脱衣所、浴室との 温度差

 

 

 つまり、

 この温度差を

 できるだけ小さくすることが

 危険を回避する予防策となります。

 

 

 

 そのために

 脱衣所に 小型の暖房器具 を置いて

 あらかじめ温度差を小さくするとか、

 

 入浴前にシャワーを出しておいて

 浴室や脱衣所を温めておく とか、

 

 脱水状態にならないように

 入浴前後にコップ1杯くらいの水を飲む とか。

 

 

 

 さらに、

 誰かが入浴している時は

 外にいる人が 小まめに声をかけたり

 

 湯船の温度は

 41℃以下の ぬるめ に設定するとか。

 

 

 こういったことに気を付けてみてください。

 

 

 

 

 

 また、

 飲酒後 すぐに入浴すると

 血圧の変化を助長してしまいます。

 

 お酒を飲んだら

 しばらく時間をおいてから

 入浴するようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

 寒くなってくると

 風呂が癒やしになるだけに

 くれぐれも気を付けていただいて

 上手に 身体の芯から温まって くださいね。

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー