Back to Home
本物の オーダーメイド  漢方薬 の キクイチ薬局
よく効く 伝統鍼灸 経絡治療 はり きゅう 鍼灸 小児はり 不妊治療 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
本物の オーダーメード 漢方薬 の キクイチ薬局 よく効く 伝統医学 経絡治療 はり きゅう 鍼灸 小児はり 不妊治療 菊一堂鍼灸院

 

 近年、医療の現場では現代西洋医学の薬や治療の副作用が問題と
 なっています。
 みなさまも、ニュースや報道などでその一端を耳にしたことが
 あると思います。

 その代わりとして、クローズ・アップされているのが東洋医学。

 東洋医学は自然・天然に沿った医学だから副作用はない。
 そう、思ってらっしゃる方も多いようですが、残念ながら、
 東洋医学にも副作用はあります。

 漫然とカゼだから○○といったような治療をしていると、身体に
 合わない場合、副作用が出ることはあるのです。

 それは天然・自然の原料をだけ使う漢方薬でも、金属製のハリと
 天然・自然のモグサしか使わないお灸でも起こりえます。

 

 東洋医学をよく勉強している先生ならば、その人、その時に合った
 治療法を選択します。

 その過程で副作用の出るような治療法を選択されることはまずなく、
 選択肢から排除されるので、治療をする前から副作用の出現の
 
可能性は限りなく抑えられているだけなのです。

 

 これは西洋医学においても同じはずなんです。
 その病気に精通している先生ならば、一人一人に合った治療法を選択
 しておられるはずで、副作用の可能性は限りなく抑えられています。

 しかし、漫然と薬を出したり、治療法を熟慮することなく治療する
 場面が増えてきています。
 さらに、西洋薬はその効果がシャープであるが故に裏の作用、つまり
 副作用が出てしまったときには、その副作用も激烈な場合が多いのも
 事実です。

 ですが、洋の東西を問わず、どちらの医学にせよ、つらい症状をお持ちのあなたをいつもしっかりと観察する
 ということから医療は始まるものです。

 副作用が出てもいつも親身に診てもらっていれば、初期の段階で対応でき、大事には至らないのです。

 そんなふうに、
 しっかりと診てくれる、親身になってくれる
 そういう治療家に巡り会っていただきたいと思います

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2017 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー