Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

寝るためには睡眠薬よりも・・・

 

 

 

 不眠症 でお悩みの方って

 思いのほか、多いです・・・

 

 

 

 ストレス社会のせいなんでしょうか?

 

 

 親が亡くなったり、恋人に振られたり・・・

 そういったことがあった後に

 不眠症に陥る方もいらっしゃいます。

 

 

 仕事で大きなミスをして

 上司に過分な叱責を受けて・・・

 

 そういう方もいらっしゃいます。

 

 

 

 東洋医学的 に言うと、

 睡眠 とは

 日中に溜まった熱を冷ます 行為になります。

 

 

 逆を言えば、

 寝られなくなると

 微熱が残ったような状態 になります。

 

 

 

 そうすると、

 身体はなんとなくだるいし、

 考えもまとまらない。

 やる気なんて起こる訳ない。

 

 

 それが続くと

 寝ようと思っても

 身体に熱がこもったような状態になって

 余計に寝られなくなる。。。

 

 

 負のスパイラルに陥ると

 なかなか抜け出しにくくなってしまう んです。

 

 

 

 

 こんな状態を解消しようと

 睡眠薬 に手を出してみるものの

 それでもなかなか寝られない・・・

 

 

 なかなか寝付けれないことに焦りを感じて

 早めに布団に入って寝る努力をしてみる・・・

 

 これが 実は逆効果だったり・・・

 

 

 

 

 

 日中の活動量が多い人ほど、

 身体の芯に溜まってしまう熱も増えるので、

 

 その分、

 睡眠時間を確保する必要があるのですが、

 

 寝られないのに

 早く布団に入って睡眠時間を確保しようというのは

 逆効果なことが多いのです。

 

 

 

 現代人は

 頭ばかりを使って

 身体を使うことが減っています。

 

 

 そうして

 頭と身体のバランスがバラバラ になって

 寝られなくなっている という側面があります。

 

 

 

 こんな時には

 あまり早く布団に入らないようにして

 

 23時頃をめどに

 布団に入るようにしてみてください。

 

 

 そうして 大きく深呼吸 を何度か。

 

 

 

 23時に寝て6時まで寝れば

 7時間くらいは睡眠時間を確保できますから、

 

 だいたいの方は

 時間的には寝が足りていることになります。

 

 

 

 

 そういうことを試してみても

 なかなか寝られないという方は・・・

 

 睡眠薬 を使う前に

 東洋医学的な治療 を試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 不眠にはいろいろなタイプがありますが、

 東洋医学的な治療で

 かなりの方が寝られるようになります。

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2018 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー