Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

産後の養生

 

 

 

 産後クライシス という言葉、

 耳にしたことがある方も多いかと思います。

 

 出産後に夫婦仲が悪化する

 という意味だそうです。

 

 

 実際、産後の2〜3年ほどの間に

 妻の夫に対する愛情も

 夫の妻に対する愛情も

 大幅に減少することはよくあることだとか。

 

 

 

 原因は

 様々な要因が複雑に絡んでいるので

 なかなか明快に説明はできませんが、

 

 とくにお母さんになる女性は

 妊娠・出産で体力を消耗しているところに

 あまり眠れないままおっぱいをあげたり、

 その他、育児に追い回されるんですからね・・・

 

 

 身体が疲れてボロボロの状態で

 心の余裕もなかなか持てずに

 パートナーへ向ける愛情も

 ついつい薄れるというのも致し方ない・・・

 

 

 

 

 そんなこともあって

 産後クライシスを少しでも和らげるためにも

 産後の養生 って大切なんです。

 

 

 産後、

 おっぱいをあげたり、我が子の世話をする以外は

 なるべく横になってゆっくり身体を休めて

 せめて肉体的な疲労を最小限に留めるようにしてください。

 

 

 

 

 ただ、

 自然の摂理として

 産後ってのは生理的に

 気が立っている状態 であることも知っておいてください。

 

 

 というのは、

 赤ちゃんが小さな物音を立てても

 パッと気付けるように

 

 お母さんには

 常にスイッチが入っているような状態になっているんです。

 

 

 これは言葉を換えれば、

 つねに『イライラ』しているとも言える状態なんです。

 

 

 

 

 ですから、

 男性も

 女性のこういう身体の仕組みを理解して

 

 必要以上に悲観的にならず、

 産後1ヶ月くらいは

 女性をゆっくり休まさせてあげてください。

 

 

 育児部分の面で

 なるべく手助けしてあげて

 女性を楽にさせてあげてください。 

 

 

 

 

 『仕事で疲れてるのに・・・』

 なんて口走る方がいらっしゃいますが、

 

 女性の妊娠・出産から続いていく育児は

 それ以上に肉体的な負担があるものなんですよ。

 

 

 

 

 

 お互いがお互いを想う・・・

 

 

 お互いを想う気持ちを忘れることなく

 想い合うことで次第に慣れてきて

 そのうち解決します。

 

 

 なにせ

 育児ってのは少しずつ落ち着いてくるものだから。

 

 育児が少し落ち着いて

 生活に余裕が出てきたら

 愛情は必ず復活しますから。

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2018 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー