Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

ナシでツクル???

 

 

 

 

 現代的な問題なんでしょうか・・・

 

 

 不妊治療に携わらさせていただいて

 それなりの年月が経過しますが

 違和感を感じることがときどきあるんです。

 

 

 

 それは・・・

 

 夫婦の営みナシ

 我が子を望むということ。

 

 

 

 

 当たり前の話ですが、

 男女の交わりの先に子どもを授かる訳です。

 

 

 まさか、

 いい年をしてコウノトリが運んでくるなんて

 マジメに考えてらっしゃる方はいないでしょう。。。

 

 

 そういうことがなくて

 子どもが欲しいっていうのはなんなんでしょうか?

 

 

 

 

 誤解しないでください。

 

 病院での人工的な治療を

 端から否定するつもりはございません。

 

 

 

 

 夫婦の交わりをまったく持たず

 子どもは欲しいというその心づもりというか・・・

 

 

 

 たとえば、

 『パートナーも仕事で忙しいから・・・』なんて

 

 もっともらしく相手を気遣う言葉を

 口にされる方もいらっしゃいます。

 

 

 それって

 どういうおつもりかは分かりませんが、

 

 パートナーは

 あなたよりお仕事大切にしている。。。

 

 

 それを認めてしまっている。。。

 そういう話ではないでしょうか?

 

 

 生きる糧として仕事は大切ですが、

 あなたはそれで納得できるんでしょうか。

 

 

 

 

 

 本当は何かしら

 違う理由があるんじゃないでしょうか?

 

 

 もし何かあるのであれば

 こっそりでいいので教えて欲しいです。

 

 

 

 

 治療を進めて体調が整ってくると

 『実は・・・ 性交痛があって・・・

  交わるのが恐怖だった・・・』

 と告白してくださる方もこれまでいらっしゃいました。

 

 

 確かに

 不妊治療をされている方の中には

 身体的な問題でできれば避けたい・・・

 という状況の方もいらっしゃる。

 

 

 

 

 

 こういう機能的な問題であれば

 東洋医学でお手伝いができます。

 

 

 カップル間の精神的・愛情的な問題に

 こちらから立ち入ることは難しいことですが、

 

 

 

 もし機能的な問題が

 大きな壁になっているのであれば、

 

 具体的なお話はされなくても

 身体が整ってくれば解決できますから。

 

 

 勇気を出して

 一度、扉をノックしてみてください。

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2018 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー