Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

〇〇菌?

 

 

 

 

 スーパーやコンビニの

 ヨーグルトなんかの陳列棚には

 『〇〇菌』なんて文字がたくさん躍ってます。

 

 

 

 

 『菌』って付くと、

 バイ菌みたいな感じもしますが、

 実はあなたの身体は『菌』まみれです・・・

 

 

 

 身体の表面なんて

 いくらきれい好きでお風呂に入ろうとも

 翌日には菌まみれになっていますし、

 

 その『菌』がいなければ

 別の悪いバイ菌が皮膚表面で巣くって

 皮膚の病気になったりもします。

 

 

 

 

 お腹の中もいっしょ♪

 

 とくに大腸の中には

 いろんな『菌』が住んでいます。

 

 

 

 その『菌』のおかげで

 お腹の健康が保たれていて

 

 最近では

 お腹の調子が良ければ

 お肌の調子もすこぶる良い♪

 なんてことも常識になりつつあります。

 

 

 

 

 

 さらに

 いつでしたか、数年前。

 

 

 『R-1』なんていう

 ヨーグルトがインフルエンザの予防効果あり!

 なんてテレビで報道されて以来、

 

 陳列棚から赤いパッケージのヨーグルトが

 姿を消すような現象までありました・・・

 

 

 

 

 

 

 東洋医学では

 お腹の調子とお肌の調子、

 呼吸器系の調子は関連していると

 何千年も前から言っていました。

 

 

 

 それがここ最近、

 企業努力のおかげですごく言われるようになっっと。

 

 

 

 

 

 また数年前には、

 

 那須塩原市に研究施設を持つ『カ●メ』が

 同社の植物性乳酸菌(ラブレ菌)を含む飲料を

 継続接種した児童のインフルエンザ罹患率が

 接種しなかった児童に比べ低かった。

 

 なんていう研究結果も発表していました。

 

 

 

 

 企業さんは

 こうやって毎年、毎年、科学的成果をひっさげて

 商品を展開していって

 モノが売れない時代を乗り切っていく訳ですが、

 

 

 東洋医学では

 数千年前からそれをお伝えしていた訳です。

 

 

 

 

 

 

 身体の根本とされる

 五臓六腑のうちの『肺』『大腸』

 表裏の関係にあって、

 

 『肺』が弱れば『大腸』も元気を失い、

 『大腸』を整えてやれば『肺』も健やかになると。

 

 

 

 

 東洋医学で言う『肺』

 『呼吸器系』『お肌』をコントロールしており、

 

 『大腸』を整えることで

 『肺』のコントロールする『呼吸器系』や『お肌』は

 自然と健やかになっていくのです

 

 

 

 

 

 これを現代風に言うと、

 

 ヨーグルトなんかに含まれる『〇〇菌』で

 お腹の調子を整えれば、

 

 お肌の調子も良くなって化粧乗りも良くなるし、

 インフルエンザにもかかりにくくなるという訳です。

 

 

 

 

 

 ちなみに

 これは別にヨーグルトじゃなくても良いわけです。

 

 

 

 日本には古来より

 たくさんの発酵食品があります。

 

 

 ミソにしてもぬか漬けにしてもそうです。

 

 納豆塩からカツオ節なんてのも菌の塊です。

 

 

 

 こういった日本古来のモノは

 海外から入ってきたモノに比べ

 より日本人に合っているとも考えられる。

 

 

 

 

 高いお金を払って

 頑張ってみるのもけっこうですが、

 

 日々の食事

 ていねいに作っていくことでも

 充分にその効果は期待できるのです。

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2018 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー