Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

これからの季節、
気を付けなければ・・・

 

 

 

 

 


 消費者庁は、

 乳幼児用座席に子どもを乗せた

 自転車の事故で搬送された人数が、

 東京都内だけで2016年までの6年間に

 1,349人に上ったと発表した。

                共同通信より抜粋


 

 

 

 

 やったことありませんか?

 

 冷や汗を流した記憶があります・・・

 

 

 

 

 けっこう大きなケガになって

 何針か縫う傷を負わせてしまいました・・・

 

 

 思い出すと、

 今でもゾッとします・・・

 

 

 

 

 

 とくに4月〜7月くらいの間に

 この手の事故は多発するそうです。

 

 

 

 というのは、

 4月、新生活が始まってお父さんお母さんも

 子どもを前後に乗せての自転車デビューする季節ですよね。

 

 

 

 自転車自体は

 乗り慣れたもんだとしても

 

 お子さんを乗せての自転車の運転は

 素人同然な訳です。

 

 

 

 

 

 それでも

 4月くらいのまだ慣れていない時期は

 細心の注意を払って子どもを乗せるんですが、

 

 

 慣れてきたくらいの5月〜7月くらいになると

 ついついどこかしら気が緩んできて・・・

 

 

 

 梅雨時期で

 路面が濡れているっていうのもあるでしょうし。。。

 

 

 

 

 

 自転車をこいでいる時より

 ブレーキをかけて止まろうとした時なんですって。

 

 

 

 確かに

 走っている最中も注意しないといけませんが、

 

 

 止まろうとする時って

 バランスを崩しやすいですもんね。

 

 

 

 子どもも乗り慣れてないんで

 止まろうとして自転車がグラッとした時、

 変に動いたりもするでしょうしね。。。

 

 

 

 

 

 あとは

 子どもを乗せたまま駐輪して

 その場を離れて転けちゃう事故も多いんですって。

 

 

 

 これも

 たとえば保育園の駐輪場で空きを探してちょっと止めて

 他の自転車を寄せて・・・

 

 

 なんて時にやりがちですよね。。。

 

 

 

 

 

 言われて見えれば

 確かにウンウンと納得できますが、

 

 

 とにもかくにも

 気を付けましょうね!!

 

 

 

 

 

 

 そうして

 万が一、何かがあっても

 被害を最小限にできるように

 

 

 子どもが嫌がっても

 ヘルメットを着用させましょう!!

 

 

 

 

 

 これから暑くなってくるんで

 嫌がると思いますけど、

 

 

 この時期から

 しっかり慣らしておいて夏も習慣としてね。

 

 

 

 我が子のためですから。

 

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2019 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー