Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

快眠を目指して・・・

 

 

 

 

 

 暑苦しくて寝られない・・・

 という方も多いんじゃないでしょうか???

 

 

 

 

 夜中も暑い・・・

 

 

 

 さりとて

 冷房をつけっぱなしにすると

 体調を崩しやすいですし、

 

 

 扇風機の直風も

 朝、起きた時にはだるくなっているし・・・

 

 

 

 どうしたらいいんでしょうかね???

 

 

 

 

 

 

 まずは

 人の生体システムを

 正しく理解してもらわないと

 快眠への道は開いてきません・・・

 

 

 

 ということで、

 まずは生体システムを学びましょう。

 

 

 

 

 

 

 人は汗をかくことで

 身体の内側の熱を発散して

 体温を下げています

 

 

 

 

 ということは・・・

 

 

 汗をかきにくい状態というのは

 身体の内側に熱を溜め込んでしまって

 暑く感じるということになります。

 

 

 

 

 

 

 ですから、

 快眠を目指すには

 まずは汗をかきやすい環境を整えること。

 

 

 

 

 日本の夏は

 高温多湿で汗をかきにくい環境です。

 

 

 

 ましてや

 窓を閉めっぱなしにして

 空気の流れのない室内では

 

 

 汗をかいても

 汗が乾かずに身体にまとわりついて

 結果的に汗をかきにくくなってしまう・・・

 

 

 

 

 

 ですから、

 湿度を下げて

 空気の流れを作ってあげる

 

 

 汗をかきやすい環境になって

 体温は下がりやすくなってきます。

 

 

 

 

 

 

 逆に

 冷房などで身体の表面を冷やしてみても

 

 

 これは

 汗をかきにくい状況を

 作りだしているようなものなので

 

 

 身体の表面は冷えても

 身体の内側は熱がこもっている状態になります。

 

 

 

 

 ですから

 冷房を使うにしても

 設定温度は高めの28℃くらいにして

 

 

 扇風機の直風は当てずに

 部屋の空気を回すイメージで使ってください。

 

 

 

 

 

 

 さらに

 普段の生活から 

 汗をかきやすい身体を作ること。

 

 

 これが大切になってきます。

 

 

 

 普段からしっかり汗をかいて下さい!

 

 

 

 

 

 たとえば、

 夏場でもちゃんと湯船に浸かったり

 

 

 軽い運動などで

 汗をかくようにしてもらうこと。

 

 

 

 

 

 

 夕方以降に

 汗をしっかりかいておくと

 

 

 数時間後には

 身体の深部体温が下がってきて

 深い眠りに着きやすくなるのです。

 

 

 

 

 

 

 最近はおかしなもので

 冷房の使い過ぎで

 夏なのに上着を羽織ったり、

 体調を崩してしまったりね・・・

 

 

 

 

 暑い夏場に

 しっかり寝るっていうのは

 なかなか困難を極めるモノですが、

 

 

 こんな時こそ

 汗をしっかりかいて

 快眠を目指してみませんか???

 

 

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2019 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー