Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

食欲の秋・・・

 

 

 

 

 


 脳内で食欲を抑えられなくなるメカニズムを発見したと、

 

 基礎生物学研究所 (愛知県岡崎市) などの研究グループが発表した。

                           朝日新聞より抜粋


 

 

 

 食欲が抑えられなくなるメカニズム・・・

 

 

 気になりますね。

 

 

 

 

 

 脂肪細胞から放出される

 レプチンというホルモンが脳の摂食中枢に作用すると

 食欲は抑えられるんですが、

 

 

 

 肥満の人

 レプチンの働きが低下して

 食欲が抑えられなくなっている

 

 

 

 ここまでは分かっているそうです。

 

 

 

 

 

 ですが・・・

 

 肥満の人では

 なぜレプチンの働きが低下するのか?

 

 

 

 ここのメカニズムが

 よく分かっていなかったんです。

 

 

 

 

 

 それが今回の研究で

 脳内にある『PTPRJ』という酵素が

 レプチンの働きを抑えているようだと。

 

 

 

 肥満で脂肪が多くなると

 脳ミソの中に『PTPRJ』が増えて

 レプチンの働きを抑えているようだと。

 

 

 

 

 

 ということは・・・

 

 

 『PTPRJ』の働きを抑えることができれば、

 食欲を抑えることができて肥満を解消できる♪

 

 

 

 じゃぁ

 『PTPRJ』の働きを抑える薬を開発しましょう!!

 

 

 っていうのが

 西洋医学のやり方ですよね。

 

 

 

 

 

 

 ただ、これって

 あまりに短絡的・・・

 

 

 

 確かに『PTPRJ』の働きを抑えれば

 食欲は抑えられるでしょうけど、

 

 

 『PTPRJ』っていう酵素は

 食欲のコントロールのことだけでしか働いてないんでしょうか???

 

 

 

 

 他の働きも持っていたとしたら

 身体に悪影響が出る可能性は充分にある。

 

 

 副作用みたいな反応がね・・・

 

 

 

 

 

 

 体重を数%減らすだけで

 糖尿病やら心疾患のリスクを減らすことができる。

 

 

 じゃぁ、無理矢理抑えれば・・・

 と考える安易さに

 

 現代科学の危うさを感じることが

 たくさんあるんですよね。。。

 

 

 

 

 

 西洋医学が

 悪いって訳ではないですが、

 

 

 時として、

 安易過ぎ短絡的過ぎることが多々ある・・・

 

 

 

 効果は見えやすいかもしれないですが、

 人間を全体としては視ていない感じ・・・

 

 

 

 人間のごくごく一部を

 切り取って見ているような感じがします・・・

 

 

 

 

 

 これからの季節、収穫の秋。食欲の秋。

 

 

 

 どんどん美味しいモノが

 出回ってくる季節ですよね。

 

 

 

 美味しいのは嬉しいことですが、

 太ってしまって身体に負担がかかってしまうとね・・・

 

 

 

 

 

 太る理由はごくごく簡単です。

 

 

 使う以上に食べるから。

 

 

 

 食べたなら動いて使えば良い。

 

 

 

 身体を動かすことで

 太りにくい身体にもなりますし、

 筋肉が付いたり、心肺機能なども上がります。

 

 

 

 安易な考えでなく、

 当たり前のことを当たり前に・・・

 

 

 

 それが

 東洋医学の考え方です。

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2019 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー