Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

 

上実下虚
(じょうじつかきょ)

 

 

 

 

 

 人の身体って

 使えば使うほど機能は高まり

 使わない機能は衰退しやすい・・・

 

 

 

 こういう自然の法則みたいなものがあります。

 

 

 

 

 

 

 すごく直接的に言いますと・・・

 

 

 妊娠・出産を望まれる方は

 営みをできるだけもってくださいね!

 

 

 

 要するに

 使えば使うほど

 生殖機能高まるのです。

 

 

 

 

 

 

 不妊治療に励んでいると

 逆になくなっていく方って多い・・・

 

 

 

 妊娠を望みながら

 どんどんしなくなるんですから

 おかしな話ではあります。

 

 

 

 

 

 

 ひと昔、ふた昔前の女性は

 たくさんのお子さんを産んでおられました。

 

 

 これは

 出産後も出産前よりは

 骨盤内の血管が少し太いままの状態で保たれ、

 

 

 何人も産んだ女性の

 骨盤内の血流は良くなっているんで

 

 

 また

 妊娠もしやすくなる訳です。

 

 

 

 

 

 

 未出産の女性も

 営みをもつことで

 骨盤内の血流が良くなります

 

 

 

 逆に

 あまり使わない

 骨盤内の血流は低下する

 

 

 

 骨盤内の血流が良ければ

 卵巣や子宮にも営養がたくさん行き渡り

 妊娠・出産が巧くいく確率は上がります。

 

 

 

 

 

 

 もうちょっと

 具体的な話をすると、

 

 

 たとえば

 脳下垂体という部分からホルモンが分泌されても

 

 

 全身をめぐっている内に

 どんどん分解されていくので

 

 

 血流が悪い方なら

 子宮や卵巣に届く前に分解されてしまい

 十分な量のホルモンが届かない。

 

 

 

 血流が良ければ

 ホルモンが届きやすいのです。

 

 

 

 

 

 しかも近年では

 女性の社会進出が進んだ結果、

 

 

 女性も頭をたくさん使って

 パソコンなどで目を酷使したりして・・・

 

 

 血流

 上半身に片寄っている訳です・・・

 

 

 

 

 

 本来なら、

 女性子宮に血が集まっているのが良い状態

 

 

 

 それが

 頭や目を酷使することで

 血を消耗している上に、

 

 

 充実して

 お留守になっている・・・

 

 

 

 

 この状態を

 上実下虚 (じょうじつかきょ)と言いますが、

 

 

 よいよ

 子宮血流悪くなっている訳です・・・

 

 

 

 これじゃぁ

 なかなか子宝に恵まれない・・・

 

 

 

 

 

 

 こんな状況を打破するためにも

 営みもつことが効果的♪

 

 

 

 

 ただ・・・

 

 子宝のために

 無理矢理するだけではね・・・

 

 

 

 『こころ』が通わなければね。。。

 

 

 

 

 

 

 今いちど、

 お互いがお互いをリスペクトし合い、

 思いやってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 そこから始まって

 お互いがお互いを求め合う。。。

 

 

 

 その結果が

 子宝なんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2021 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー