Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

 

日本はお米の国・・・

 

 

 

 最近、

 お米食べていますか?

 

 

 

 高度経済成長期

 まっただ中の1962年度には

 

 1年に1人当たり

 118.3kg食べていたお米の量が、

 

 

 その後、坂道を転げ落ちるように減少して

 2016年度には54.4kg

 半分以下になっているそうです・・・

 

 

 

 

 その代わりに台頭してきているのが・・・

 

 

 言わずともしれたパン

 

 それに麺類

 

 

 

 

 


 新潟大学は、

 マウスにおいて幼少期の米(胚乳)タンパク質摂取が

 

 成熟期の肥満や

 それに関連する腎臓病を抑制することを

 明らかにするとともに、

 

 その機序に

 腸内細菌が関与することを見出したと発表した。

 

                       QLife Proより抜粋


 

 

 マウスの話ですけどね・・・

 

 

 

 

 小さい頃に

 お米ちゃんと食べておく

 将来の肥満腎臓病予防になると。

 

 

 

 

 

 お米には

 6%程度タンパク質が含まれていて、

 

 日本では

 肉や魚についで3番目のタンパク質摂取源らしいです。

 

 

 

 

 糖質のことしか

 意識してきてませんでしたけど、

 

 けっこうな量の

 タンパク質を含んでいるんですね。

 

 

 

 

 

 これまでにも

 研究グループは

 米タンパク質を食べると、

 

 

 脂質代謝を改善する作用

 糖尿病性腎症の進行抑制などが

 あることを報告してきていますが、

 

 

 

 今回、

 肥満腎臓病予防にも

 効果があることが分かったと♪

 

 

 

 

 

 

 そのメカニズムを

 詳細に調べてみると、

 

 幼少期の米タンパク質摂取は

 腸内細菌多様性が高まって

 要らない菌抑制されているようだと。

 

 

 

 

 

 今回はマウスでの実験で

 人間にそのまま当てはまるか分かりませんが、

 

 やっぱり

 日本人にはお米似合ぅとるんじゃないですかね?

 

 

 

 

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2021 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー