Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

卵を育てる・・・

 

 

 

 ご存知でしょうが・・・

 

 

 

 妊娠するというコトは

 女性の身体の中で成熟した卵子

 男性の身体の中で育った精子が出逢って

 

 

 女性の子宮に着床し

 十月十日をかけて育っていくコトです。

 

 

 

 

 

 最近では

 エコー検査などの発達もあって、

 

 

 卵巣の中で

 卵子が成熟しているかどうかなども

 見える化されてきており、

 

 

 卵巣の中で

 卵子充分に成熟していない方が

 相当数おられることが分かってきました。

 

 

 

 

 

 そういう事実から

 不妊治療を行うクリニックでは

 

 

 卵子体外に取り出して成熟させる

 といったことを実施している所もあるそうですが、

 

 

 受精率や妊娠率が

 あまり高くなるとは言い難いそうで・・・

 

 

 

 

 

 そこで

 未成熟の卵子体外で成熟させる

 研究が進んでいるんだそうです。

 

 

 

 

 つまり、

 体外で受精卵を成熟させ、体外受精させる

 最適な条件を見付けようという研究です。

 

 

 

 

 最適な条件が見つかれば

 卵巣で卵子が育ちにくい女性にとっては

 妊娠率を高められる成果につながると。

 

 

 

 

 

 でも、忘れていませんか?

 

 

 やっぱり最適な環境っていうのは

 女性自身の身体そのものなことを。

 

 

 

 つまり

 女性自身の身体整えていくことが

 何よりも大切なんじゃないですかね。

 

 

 それができれば

 ベストな回答なんじゃないでしょうかね?

 

 

 

 

 

 それをしていこうというのが

 東洋医学

 

 

 

 患者さんによって

 理由は様々ではあるんですが、

 

 

 それをひとりひとり紐解いて

 その原因を根本から改善していく。

 

 

 

 そうすれば

 卵子の成熟はもちろん

 女性自身の体調も良くなって、

 

 

 卵子と精子が出逢って

 受精した後の妊娠率も自然と高まります。

 

 

 

 

 

 卵巣で卵子充分に成熟しない

 っていうコトは、

 

 

 身体の中のどこかしら

 女性としての機能が働きづらい訳です。

 

 

 

 

 それをそのままにしておいて

 身体の外で受精卵を上手に育てられても

 

 

 ちゃんと着床して

 ちゃんと妊娠・出産に至るのかな?

 

 

 

 

 

 まぁ今回の研究は研究で

 頭ごなしに否定するつもりではないですし、

 

 

 ひとつの方法論として

 大切な研究だとは思いますので、

 

 

 良い条件が

 見つかることを願っております。

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2021 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー