Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

夏の冷えが不妊の原因・・・

 

 

 

 

 妊娠に必要な

 卵子を育む卵巣

 

 

 脚の方から、

 下から上へ昇ってくる

 

 

 腸骨静脈という太い血管の上に

 乗っかるような位置にあります。

 

 

 

 

 つまり

 冷やしとる人は

 卵巣冷えている可能性が高い。

 

 

 

 

 

 

 ごく簡単に言うと、

 動脈温っこぅて

 静脈冷えています

 

 

 

 冷たかったら

 腸骨静脈の中を流れる

 静脈血はキンキンに冷えている

 

 

 

 その上に乗っかる

 卵巣冷えますよね・・・

 

 

 

 

 

 

 逆に考えれば、

 温めることができれば

 卵巣温まる

 

 

 

 すぐ近所にある

 子宮温まる

 

 

 

 

 

 夏場になると

 冷房を使うと思います。

 

 

 冷気

 下へ、下へと降りていく。

 

 

 足元冷えますよね。

 

 

 

 

 

 

 ですから、

 こういった冷気から足元守ること。

 

 

 

 とくに

 内くるぶし辺りから

 冷えがお腹の方に昇ってくるんで、

 

 

 内くるぶし

 しっかり保温すること。

 

 

 

 

 できることなら

 夏場でも足湯でもして

 

 

 をしっかり温めてあげる

 より効果的♪

 

 

 

 

 

 

 ちなみに

 冷えがある40代女性では

 

 

 冷えのない40代女性よりも

 4.3倍早産になりやすく、

 

 

 微弱陣痛では5.2倍のリスクが

 遷延分娩では5.7倍にもリスクが高まるって。

 

 

 

 そんな研究結果もあります。

 

 

 

 

 

 

 また、

 冷えのない40代女性

 

 

 冷えのある20代女性よりも

 産科異常は少ないという研究結果もあります。

 

 

 

 

 

 

 暑い夏場でも

 冷やさないように気を付けしましょう。

 

 

 そして

 温めるようにましょう。

 

 

 

 

 もちろん

 東洋医学でもお手伝いできます。

 

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2021 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー