Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

笑える暮らしを♪

 

 

 

 

 山形大学医学部が行った

 5年半にわたる追跡調査で

 

 


 笑う頻度が高い人は

 死亡リスクが軽減され、

 

 

 心疾患の発症リスクも

 抑えられるとの研究成果を発表した。

                        〜山形新聞より抜粋〜


 

 

 こういうコトが分かったと。

 

 

 

 

 

 年齢や性別などの

 背景因子を補正して解析した結果、

 

 

 ほとんど笑わない人は

 よく笑う人に比べて

 全死亡リスク1.95倍にもなり、

 

 

 たまに笑う人は

 よく笑う人に比べて

 心疾患の発症率が1.62倍にもなるそうです・・・

 

 

 

 

 裏を返せば、

 笑い健康つながる 訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 東洋医学的に考えてみても

 ガハハハッ笑っとる時には

 身体のめぐり良くなっています

 

 

 

 一方、

 ムスッとしている時は

 気滞 (きたい)っていう状態に・・・

 

 

 

 つまり、

 めぐらなくなるので

 血液めぐり悪ぅなって

 

 

 結果的には

 そこに停滞してしまう・・・

 

 

 

 

 停滞した多かったり

 停滞している期間長ければ

 がんの原因になっちゃうんです・・・

 

 

 

 

 

 

 ちなみに

 この研究の中で

 

 

 よく笑う人の定義っていうのは

 1週間1 回以上声を出して笑うというモノ。

 

 

 

 これなら

 出来そうじゃないですか???

 

 

 

 

 

 また、

 この研究の中で笑う頻度が少なかったのは、

 

 

 男性運動をしない人ひとり暮らし

 飲酒量喫煙本数多い

 

 

 なんていうタイプは

 笑う頻度が少ないんじゃそうです。

 

 

 

 

 

 

 ひとりで部屋にひきこもっていては

 そりゃ、笑う機会も減りますよね・・・

 

 

 

 出かけましょ!!

 

 

 そして

 誰かおしゃべりでもして

 やわらかく保ちましょ♪

 

 

 

 バカ話をして

 大きな声で笑い飛ばす。

 

 

 

 治療も大切なコトですが

 こういった日常の方が何倍も大切なモノなんです。

 

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2022 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー