Back to Home
本物の 漢方薬 は キクイチ薬局
伝統 経絡治療 よく効く はり きゅう 鍼灸 の 菊一堂鍼灸院
広島市南区 比治山町 の 鍼灸院 漢方薬局
広島 は 比治山町 の 鍼灸院 菊一堂鍼灸院 院長 の つぶやき アメーバブログ アメブロ
東洋医学 鍼灸 はり きゅう 漢方薬 リンク
オーダーメード 漢方薬 キクイチ薬局 よく効く はり きゅう 鍼灸治療 菊一堂鍼灸院

 

 

流産・早産の原因はこれ?

 

 

 

 

 

 ご存知でしょうか?

 

 

 早産3〜5割

 細菌感染が原因じゃないか?

 というコトを。

 

 

 

 

 

 

 中でも

 主な原因となっている原因菌に

 ウレアプラズマっていうのがあって、

 

 

 この菌は

 研究者の間でも

 

 

 『常在菌』なのか『病原菌』なのか?

 意見が分かれとるところなんですが・・・

 

 

 

 

 ざっくり言えば

 誰に居っても不思議じゃない

 っていう細菌。

 

 

 

 

 

 じゃけど、

 お腹赤ちゃん感染が持続すると

 早産引き起こす原因になり得ると・・・

 

 

 

 

 

 

 一般的に

 ヒトの細胞は

 細菌などに感染すると、

 

 

 細菌を排除したり

 細胞ごと自殺するスイッチを入れて

 

 

 感染の広がりや

 持続感染を抑える仕組みがあるんですが、

 

 

 

 

 ウレアプラズマは

 とあるタンパク質を作り出して

 

 

 細胞自身が感染に気付くセンサーが

 働かないようにしてるようだと。

 

 

 

 

 それで

 ウレアプラズマ感染が持続して

 

 

 早産引き起こしてしまう可能性が

 大きくなってしまうと・・・

 

 

 

 

 大阪母子医療センターなどの研究で

 分かったそうです。

 

 

  (Cellular Microbiology. より抜粋)           

 

 

 

 

 

 

 ウレアプラズマ感染

 いわゆるSTD (性感染症)のひとつです。

 

 

 

 

 ですから、

 まずはそういう行為を持つ時には

 

 

 ちゃんとした対応を

 しっかり施した上で行ってください。

 

 

 

 

 その上で

 心配な方は

 

 

 自費ながらも検査できるそうなんで

 産婦人科などを受診されて

 検査してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 ただ、

 先ほども申しましたが、

 

 

 『常在菌ではないか?』と

 主張される先生もいらっしゃるほど

 ありふれた細菌ではあるんで、

 

 

 ウレアプラズマの存在 = 必ず、早産でもない

 訳です。

 

 

 

 

 

 

 ここにどんな差があるのか?

 ってコトを考えると・・・

 

 

 

 

 あくまで

 想像の範囲は超えていませんが、

 

 

 いわゆる免疫系

 しっかり働ける状態の女性であれば

 早産至らんのかもしれません。

 

 

 

 

 ざっくり言ゃぁ

 健康体維持できていれば

 早産には至らないかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 そんな単純なモノじゃない

 可能性も大いにありますが、

 

 

 妊娠出産ご希望される方は

 日頃からの身体創り大切なんじゃないかと。

 

 

 

 

 

 短絡的なまとめ方かもしれませんが・・・

 

 

 難しいコトをこねくり回して

 科学的に詳細に分析することも大切ですが、

 

 

 実生活においては

 ひとつの真理じゃとも思う訳です。

 

 

 

 

 

鍼灸治療
はり・きゅう治療のご相談は 082-262-9522                           サイトマップ ホットニュース 連絡先
漢方薬のご相談は      082-262-1788 まで                                          
漢方薬

Copyright ©2011-2023 Kikuichi-do. All rights reserved    プライバシーポリシー